歯科衛生士科

歯科衛生士について

ますます重要性が高まる歯科医療のパートナー

 歯科衛生士は、歯科医師の診療補助や予防処置、保健指導を行う医療技術者です。健康な歯の維持をサポートする歯科医療に欠かせない存在で、専門知識とともに、患者さんに対する優しさや心づかいも必要とされます。

 現役の歯科衛生士の皆さんに「歯科衛生士に必要な資質は何ですか?」と問いかければ、おそらく「心配り」という答えが多く返ってくるでしょう。診療所の環境を清潔に保つ、身だしなみを整える、患者さんに優しく語りかける…これらを日常的にこなさなければ、プロとはいえません。
 歯科衛生士科では、高い技術とコミュニケーションスキルを一つひとつ学んでいくことで、患者さんに信頼される歯科衛生士を目指します。

カリキュラム

基礎分野 生物学、化学、情報処理、心理学、コミュニケーション学、歯科英語、実践英語、 保健体育
専門基礎分野 解剖学、生理学、生化学、口腔解剖学、組織発生学、 歯牙解剖(歯型彫刻・スケッチ)、口腔生理学、口腔生化学、病理学・口腔病理学、 薬理学・歯科薬理学、微生物学・口腔微生物学、口腔衛生学、歯科衛生統計、 衛生・公衆衛生学、衛生行政・社会福祉
専門分野 歯科衛生士概論、医療倫理学、歯科臨床概論、保存修復学、歯内療法学、歯周療法学、 歯科補綴学、歯科矯正学、口腔外科学、小児歯科学、高齢者歯科学、障害者歯科学、 う蝕・歯周予防処置法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、口腔保健管理法、歯科保健指導法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、 栄養と人体、歯科診療補助法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、歯科材料学、臨床検査、感染予防学、 歯科放射線学、麻酔・救急蘇生法、基礎介護、臨床実習・臨地実習
選択必須分野 看護学、国語表現及び読解、摂食嚥下、社会保険請求、接遇、研修・卒業研究・技工実習、特別教養(茶道・華道)

資格について

就職までの流れ

就職について

進路先

卒業生進路状況

平成26年度
就職率100%

診療所・歯科医院などを中心に就職率は100%を誇ります。歯科衛生士のニーズが高くなり、求人数も年々増加傾向にあります。

卒業生は、奥羽大学歯学部附属病院・総合病院歯科・一般歯科診療所(歯科医院)・歯科器材メーカー・保健所などに勤務しています。

Page Top