歯科技工士科

歯科技工士について

高度な技術を持った歯科医療のエキスパート

 歯科技工士は、歯科医師の指示を受けて、義歯・虫歯の充填物や歯科矯正装置を製作するほか、それらの修理・加工も行う専門技術者です。歯科医療の需要増加と医療技術の高度化に伴い、その役割はますます重要なものになっています。

 歯科技工士はいわゆるアーティスティックな職人ではありません。身体の一部である「歯」をつくるのですから、医療人としての自覚が問われます。コンマ何ミリの誤差を見逃さない目と、新しい技術を吸収する向学心も必要となるでしょう。表舞台に立つことの少ない歯科技工士ですが、その技術と愛情のすべてはあなたの作った「歯」に凝縮されているのです。
 歯科技工士科では、職場の頼れるパートナーとして活躍できる歯科技工士を目指します。

カリキュラム

一般教養科目 外国語(英語)、造形美術概論、歯科技工士関係法規
専門教育科目 歯科技工学概論、歯科理工学、歯の解剖学、顎口腔機能学、有床義歯技工学、歯冠修復技工学、矯正歯科技工学、小児歯科技工学、歯科技工実習、選択必修科目

資格について

就職までの流れ

就職について

進路先

卒業生進路状況

平成26年度
就職率100%

診療所・歯科医院、技工所などを中心に就職率は100%となっています。歯科技工士のニーズは年々高まっており、中には技工所を開設している先輩もいます。

卒業生は、奥羽大学歯学部附属病院・総合病院歯科・一般歯科診療所(歯科医院)・技工所・歯科器材メーカーなど、幅広い分野で活躍しています。

Page Top